ギャンブルガイド(フラワーポーカーとサイコロゲーム)

花やガーデニングが好きな方には、これらのゲームが面白いかもしれません。

フラワーポーカー 

フラワーポーカーと呼ばれるゲームは、通常2人でプレイします。このゲームの目的は、植物の色を一番強力に組み合わせて勝利することです。最初に、各プレイヤーはミスリルの種を5つ植えます。

5つの花の色で結果が決まります。両方のプレイヤーが同じ結果になった場合、どちらかのプレイヤーが勝利するまで植え直さなければなりません。黒か白の花が出た場合、5つの種をすべて植え直さなければならず、最悪の組み合わせとなります。

最良の組み合わせは、5つの花が同じ色になることです(5 オブ ア カインド)。種子を植える前に賭けに参加する必要があり、勝てば賞金が手に入ります。

ホット オア コールド

このゲームは暖色と寒色にもとづいています。ベットを表明した後に、ホットかコールドのどちらを選択するかを決める必要があります。ホットは赤や黄色の花で、コールドは青や紫の花です。ホストが花を植え、それがあなたの選んだ色の花であれば、あなたの勝ちです。勝った場合、賭け金の倍額を回収することができます。また、反対の色だった場合は、お金を失います。前述のゲームと同様、黒と白の花が出て、それを植え替えた結果、虹色が出ればホストの勝利となります。

フロスティ フラワー

このゲームのコンセプトは、ホット オア コールドに似ています。ホット オア コールドと違って、色を選ぶ必要はありません。一方で、暖色と寒色が使われるという共通点があります。プレイヤーがベットした後、ホストが植えた種が寒色であれば、確実にあなたの勝ちです。そして、もう一つの違いは、黒と白が出た場合で、賭け金が3倍になります。

ABCフラワー

このゲームでは、それぞれの花に名前がついています。ベットが済んだら、あなたとホストが1つの花を植えます。花の名前の頭文字がAの文字に最も近いプレイヤーが勝ちます。つまり、黒が一番強い花で、次に青、オレンジ、パステル、紫、虹色、赤、白、そして一番弱いのは黄色ということになります。

サイコロゲーム

どのサイコロゲームでも、ホストは100面体のサイコロを振ります。55×2ゲームでは、数字が55以下ならホストの勝ち、55以上ならベッターの勝ち(賭け金の2倍)となります。80×3では、数字が80より高ければ、賭け金の3倍を獲得できます。ブラックジャックは、ヒットするかステイするかを決める必要があるゲームです。

ベッターがある数字にステイすると、ホストはサイコロでその数字を超えるか、100を超えなければ勝てません。ベッターのサイコロがその数字をヒットしつつ100を超えるか、100を超えずにステイした場合、ホストがポットを獲得します。相手プレイヤーよりも高い数字を出すと勝つことができるというルールで、サイコロの一騎打ちをすることもできます。